もう見た?まずは、このvtuberをチェック!
Cyber

ゴールドシップがVtuberに!所属先企業は?ウマ娘とは?

今回は、バラエティー好きなわたしがドハマりした、株式会社Cygames所属のウマ娘Vtuber・ゴールドシップについて調査しました!

『ウマ娘プリティーダービー』が好きな人や、声マネやアテレコ系動画が好きな人は必見です!

ゴールドシップのプロフィール

基本データ

名前:ゴールドシップ(ごーるどしっぷ)

所属:株式会社Cygames

活動開始:2018年3月25日

愛称:ゴルシ様、ゴルシちゃん

活動場所

 

ウマ娘・ゴールドシップのデビュー配信

Youtbe第1回目の動画

ウマ娘・ゴールドシップのデビュー配信は、上の自己紹介動画でした。

この動画では、ゴールドシップが『ウマ娘プリティーダービー』の広報担当としてVtuberを始めたことや、チャンネル名『ぱかチューブっ!』の趣旨などについて紹介していますね。

「ピスピース!」というかけ声から始まり、終始超ハイテンションな感じのトークがくせになる面白さです(笑)。

 

ウマ娘・ゴールドシップってどんなVtuber?

動画・配信のジャンル

配信内容は基本的に、ウマ娘についてのものがメインとなっています。

「ウマ娘という存在を、もっとたくさんの人に知ってほしい!」という強い気持ちが伝わってきますね。

一人で撮った動画を投稿する時もあれば、ラジオ形式でゲストを招いて配信する時もあります。

モノマネやアテレコ、早口言葉、クイズなど多岐にわたった配信スタイルが、とても面白いですね。

ちなみに、ゴールドシップの中の人は、現役のプロ声優・上田瞳(うえだひとみ)さんです。

スポンサーリンク

ウマ娘・ゴールドシップの「ボケ」が芸人並に超面白い!

ゴールドシップの一番の魅力は、「ボケ」が芸人並に面白いところだと思います。

例えば、下の動画『【みんなのゴルシ劇場】もしもゴルシが密室に閉じ込められたら@ウマ娘』では、密室に閉じ込められたゴールドシップがあの手この手で脱出を試みるのですが……。

最終的なオチが「振り出しに戻る」という出オチ感が、とてつもなく面白いです。

他には、ウマ娘用語を解説する動画も、ゴールドシップの独特なハイテンションが笑いを誘います(笑)。

このように、ゴールドシップの面白さは、芸人並のぶっとんだ「ボケ」にあるように思いますね!

 

ウマ娘・ゴールドシップのモノマネやアテレコのクオリティが超高い!

ゴールドシップは動画の中で声真似やアテレコを披露してくれているのですが、そのクオリティが超高いんです!

下の動画では、アニメ版『ウマ娘プリティーダービー』第1話の一部を、ゴールドシップが一人で複数役のアテレコをしています。

なぜか関西弁でアテレコしているのですが、どのキャラも声色を微妙に変えているので、あまり違和感なく聞き取れますね。

また、「ぴすラジッ!」でもウマ娘から寄せられたメッセージを声真似して読み上げているのですが、めちゃくちゃ似ています!

ファンからのコメントも盛り上がっていて、ゴールドシップの意外な一面が見受けられますね。

スポンサーリンク

ウマ娘とは?

ウマ娘とは、株式会社Cygames原作のメディアミックス作品『ウマ娘プリティーダービー』に登場する、ウマの耳と尻尾・競走馬としての能力をもった少女のこと。

彼女たちはレースの最高峰である「トゥインクル・シリーズ」を目指すために、日夜トレーングに明け暮れる日々を送っています。

ここで登場するウマ娘の名前は、実在する競走馬の名前です。

つまるところ、ウマを美少女に「擬人化」したものが、ウマ娘と言い換えられますね。

ただし、馬を擬人化されたものの全てが、ウマ娘というわけではありません。

あくまでも、『ウマ娘プリティーダービー』に登場している少女たち”だけ”がウマ娘と呼ばれています。

また、後述しますが『ウマ娘プリティーダービー』はアニメ・ゲームとして展開されています。

アニメ版『ウマ娘プリティーダービー』について

アニメ版『ウマ娘プリティーダービー』は、主人公のウマ娘・スペシャルウィークの目線で描かれています。

ストーリーをざっくり言うと、田舎から上京してきたウマ娘・スペシャルウィークがトレセン学園に転校し、「日本一のウマ娘」を目指してライバルたちと切磋琢磨するという物語です。

この本編に、ゴールドシップは先輩的なポジションで出演しています。

「ぴすラジッ!」では、スペシャルウィークとアニメ放送について語っていました。

 

スポンサーリンク

ゲーム版『ウマ娘プリティーダービー』について

ゲーム版『ウマ娘プリティーダービー』では、プレイヤーがウマ娘の「トレーナー」となり、彼女たちを育てていきます。

ウマ娘との会話で信頼関係を築きつつ、レースやライブを通して彼女たちの「日本一のウマ娘になりたい」という夢を叶えていく。

競馬ゲームとしてのレース要素もありつつ、音ゲーとしての要素もあるという、かなり斬新なゲームシステムだと思います。

 

ウマ娘・ゴールドシップの所属先企業「株式会社Cygames」について

Vtuberとしてのゴールドシップは、株式会社Cygamesに所属しています。

AmebaブログやAbemaTVなどを運営しているサイバーエージェントグループの関連会社です。

株式会社Cygamesは、ゲーム業界の中ではかなり有名な企業です。

特に、スマホゲームでは数々のビッグタイトルを手がけています。

『グランブルーファンタジー』や『Shadowverse(シャドウバース)』、『神撃のバハムート』などのスマホゲームは、かなり有名ですね。

『ウマ娘プリティーダービー』は、アニメ・ゲーム版ともに株式会社Cygames原作のコンテンツで、完全オリジナルな作品。

ウマ娘Vtuber・ゴールドシップはこのように、アニメ・ゲームコンテンツから派生して生まれた存在です。

バックボーンにアニメ・ゲームがあるというのは、他のVtuberにはない独自の強みだと思います。

 

まとめ

ウマ娘・ゴールドシップはこんなVtuber!

  • 『ウマ娘プリティーダービー』の広報担当
  • 見かけはクールビューティーな美少女に見える
  • 芸人並のボケが面白い
  • 声真似やアテレコに定評がある
  • 実在する競走馬ゴールドシップを擬人化したウマ娘
  • アニメ・ゲームでは先輩的ポジション

ハイテンションで芸人並のボケが面白く、声マネやアテレコのクオリティが高いゴールドシップ。

彼女は今後、ゲーム版『ウマ娘プリティーダービー』をゲーム実況する動画などを投稿するのではないかと予想しています。

他のウマ娘とのコラボ放送も期待しつつ、今後もゴールドシップの調査を続けていきたいと思います!