もう見た?まずは、このvtuberをチェック!
無所属

配信者ふぇありすはバ美肉で両声類!?中の人のゆうくんについても紹介!

今回は、キャラが濃い人が好きなわたしが衝撃を受けた、Vtuberふぇありすについて調査しました!

声フェチな人や、ギャップ萌えが好きな人は必見です!

ふぇありすのプロフィール

基本データ

名前:ふぇありす

所属:個人(無所属)

活動開始:2018年3月6日

愛称:ふぇありす、ふぇありすさん

活動場所

 

ふぇありすのデビュー配信

Youtbe第1回目の動画

こちらが、ふぇありすのYouTube第1回目投稿の動画です。

「おいすー!」から始まり、テンポよく自己紹介をする、ふぇありす。

体が動くたびに胸元がぷるんぷるん動くのが、インパクト強いですね。

終始、満面の笑み・可愛らしい声色にニヤニヤしてしまった人も多いはず。

しかし、この直後、ふぇありすから思いもよらない「爆弾発言」が……。

それは、ふぇありすの中の人が、実は「男」だということ。

「いやいや、そんなわけない!」と耳を疑ったのですが、中の人が男であることは紛れもない真実でした。

いわゆる、ふぇありすは『両声類』なVtuber。両声類についての詳細は後述します。

 

ふぇありすってどんなVtuber?

動画・配信のジャンル

ふぇありすの配信ジャンルは多岐にわたっています。

その中でも人気なのは、両声類になるための講座や下ネタトーク、お金に関する動画ですね。

特に、両声類になるための声の出し方について教える動画は根強い人気があり、ファンのみならず、外部のVtuberまで視聴しに来ています。

上の動画では、Vtuberの「まぐろな」がボイスチェンジャーをなるだけ使わずに女の子の声を出せるようになりたいと、わりとガチな悩み相談をしに来ています。

そして、その悩みに対して親切丁寧に両声類になるためのコツを教えるふぇありすは、とても懐が深い印象を受けますね。

 

スポンサーリンク

ふぇありすの特徴

ふぇありすの特徴は、言わずもがな「可愛い見かけをしてるのに両声類」という点でしょう。

ここで両声類とは何かについて述べますが、簡単にいうと、「男性と女性の声をボイスチェンジャーを使わずに出せる種族」のことです。

ふぇありすの場合は中の人は「男」なのに、地声と裏声を巧みに使い分けて、男女の声を出しています。

とはいえ、ふぇありす自身も語っていますが、今のように自然に両声を使えるようになるまでは長い期間をかけて練習してきたようです。

 

ふぇありすの「両声類講座」がガチで分かりやすくて勉強になる件

ふぇありすの動画の中で圧倒的に人気なのは、両声類講座の動画です。他の動画に比べて、再生回数がずば抜けています。

人気の秘密はやはり、両声類の練習方法などが「超分かりやすい」からでしょう。両声類初心者も上級者も、かなり勉強になる内容だと思います。

ふぇありす曰く、両声類になるには2つの練習方法があるそうです。

①地声アプローチ

1つ目は、地声アプローチ。

地声を少しずつ上げて話す練習をすることで、女の子の声に近づけていくというやりかた

しかし、この練習法のデメリットは、「声の変化が分かりにくい」ところだそう。

②裏声アプローチ

2つ目は、裏声アプローチ。

こちらの練習方法は、簡単にいうとミッキーマウスみたいな声を出しながら「声色を変える楽しさ」を実感しつつ、徐々に地声と裏声の乖離を近づけていくアプローチをしていくやりかた。

ふぇありす的には、この裏声アプローチをオススメしています。

裏声を使いながら、好きなアニメキャラのセリフや喋り方を真似する習慣を身につけることで、少しずつ女の子の声が使えるようになるみたいですね。

とはいえ、一朝一夕に完成するわけではなく、最低でも3ヶ月くらいはかかると言っています。

ガチで両声類になりたい人は、毎日の練習を欠かさずやることが大事ですね。

 

スポンサーリンク

ふぇありすの「ゆうくん」は中の人の名前?

ふぇありすの動画を見ていると、度々「ゆうくん」という人物の名前が出てきます。

この「ゆうくん」とは一体何者なのか?

答えは、ふぇありすの地声(男性声)のこと。つまり、中の人のことを指しています。

まぐろなとのコラボ配信のときにも、「ゆうくん」の声でボイスチェンジャーを使うシーンがありました。

ファンの中でも「ゆうくん」の声は人気が高く、チャットコメント欄がかなり盛り上がっていましたね。

両声類の練習をする上で、地声が自然と高くなってしまったとのことで、「ゆうくん」の声もセクシーさがあって魅力的ですね。

 

ふぇありすは「バ美肉」として大成功している!?

バーチャル美少女受肉とは?

ネット用語で「バ美肉」という言葉があります。

この言葉の正式名称は、「バーチャル美少女受肉」もしくは「バーチャル美少女セルフ受肉」。

言葉だけを見ると何のことやら意味不明ですが、簡単に訳すと『リアル世界では男性だけど、バーチャル世界では美少女として活動している人』のことを指すようです。

イメージ的にいうと「異世界転生ものラノベ」に近いものがありますね。

リアルの世界では男だったけど、異世界では女の子として生まれ変わった的な感じ。

ふぇありすの場合も、この「バ美肉」が当てはまります。Vtuberとしてのふぇありすは見かけも声も美少女だけど、中の人は男性なので。

ふぇありすのバ美肉はちょっと違う?

ただ、ふぇありすが特異な点は、声がボイスチェンジャーを使わずに美少女の声を出せるというところ。

ぶっちゃけ、自己紹介動画で両声類カミングアウトがなければ、多くの人が「中の人も女性」だと信じていたのではないでしょうか。

少なくとも、わたしはそう思っていましたから(笑)。

両声類として、バ美肉として他のVtuberと差別化できてるのは、ふぇありすが突出していると思います。

 

スポンサーリンク

関連Vtuber

コラボしたことがあるVtuber

  • ドーセット・アカホシ(どーせっと・あかほし)
  • 万楽えね(まぐらえね)
  • ゆらち
マグロナはセルフバ美肉おじさん?! ボイチェンを駆使する絵師を調査!「バ美肉おじさん」として絶大な支持を集めているマグロナ。VTuberとしては珍しく、その正体も明かしています。スーパーマルチクリエイター...

 

まとめ

ふぇありすはこんなVtuber!

  • 外見は完璧に美少女
  • 両声類
  • 中の人は「ゆうくん」
  • バ美肉としての成功者
  • 下ネタトークが好き
  • お姉さん気質な性格

 

見かけは完全に美少女なのに、実は中の人が男性だったという衝撃的な設定をもつVtuber。

しかも、ボイスチェンジャーを使わずに声色を使い分ける両声類。

ふぇありすほどに外見と中身が「いい意味で」乖離しているVtuberは、そうそういないでしょう。

少なくとも、わたしは知りません(笑)。

今後、ふぇありすがどのような活動をしていくか全く予想できませんが、個人的な希望としては「歌で勝負」してみてほしいですね。

これからも、両声類としての可能性を広げていくであろう彼女(?)を、引き続き調査していきたいと思います!