もう見た?まずは、このvtuberをチェック!
無所属

Vtuberディープウェブ・アンダーグラウンド(DWU)の魅力13選!

今回は、ネットの闇が大好きなわたしがドハマりしている、ディープウェブ・アンダーグラウンド(DWU)について調査しました。

毒舌な女の子が好きな人や、ネット上のヤバイ話が好きな人は必見です!

ディープウェブ・アンダーグラウンドのプロフィール

基本データ

名前:ディープウェブ・アンダーグラウンド(でぃーぷうぇぶ・あんだーぐらうんど)

所属:個人

活動開始:2018年4月10日

愛称:DWUちゃん、お嬢

活動場所

 

ディープウェブ・アンダーグラウンドの魅力を「13選」として紹介!

深層ウェブから突如として現れたVtuber、ディープウェブ・アンダーグラウンド。

パッと見は、貴族のお嬢様のようなルックスですが、実は彼女には「色んな闇」があります。

今回の調査では、そんな闇のあるディープウェブ・アンダーグラウンドの魅力を「13選」として余すことなく紹介します。

 

1.毒舌で「Vtuber界に物申す」的な性格が可愛い!

ディープウェブ・アンダーグラウンドの第一回目の投稿は、自己紹介動画でした。

出だしこそ「新人ですがよろしくお願いします!」的な爽やかなノリで喋ってますが、途中から態度が一変。

先程までの爽やかさは一瞬で消え、ディープウェブ・アンダーグラウンドのブラックな部分が表層化しました。

しかも、動画の最後で「漫画村を燃やす」発言までする始末。

Vtuber人口が1,000人を超えているといわれる中で、ここまで攻撃的な自己紹介動画をアップしたのは、おそらくディープウェブ・アンダーグラウンドが初めてでしょう。

「Vtuber界に物申す!」的なオピニオンVtuberとしてのポジショニングが、ディープウェブ・アンダーグラウンドの一番の魅力だと思います。

スポンサーリンク

2.濃いゲストとの人脈がハンパない!

ディープウェブ・アンダーグラウンドの活動スタイルの中で一番特殊なのは、「ディープなゲスト」との対談配信でしょう。

対談系動画は他のVtuberもやっていますが、ディープウェブ・アンダーグラウンドの場合は来てくれるゲストの属性が「濃すぎる」んですよね。そこが面白いところ!

  • 漫画村の実態を調査するブロガー
  • ISIS問題で話題になった大学生
  • 元ホストの小説家
  • その他

このような特殊な対談を普通に行うディープウェブ・アンダーグラウンドの人脈の広さは、本当にすごいと思います。

どうやってコネを作ってるのか気になりますね(笑)。

3.対談でゲストに「押し負ける」ところが可愛い!

普段のディープウェブ・アンダーグラウンドは、毒舌でズバッと相手を切り捨てるスタンスなのですが、一度だけガチで押し負けたことがありました。

それは、ISIS問題で話題になった大学生との対談動画。

最初はディープウェブ・アンダーグラウンドからの質問攻めで展開していた対談でしたが、終盤では逆に質問攻めにあい、まさかのギブアップ。

普段は強気なディープウェブ・アンダーグラウンドが押し負け、弱音を吐いているところが実に可愛いです(笑)。

スポンサーリンク

4.視聴者からの下ネタ系DMをズバッと切り捨てるところが面白い!

ディープウェブ・アンダーグラウンドの元には、なぜか「クソリプ・DM」と呼ばれるコメントが多く寄せられています。

 

しかも、下ネタ系のものが多い(笑)。

しかし、これらのDMに対してディープウェブ・アンダーグラウンドがズバッと論破していく様が、見てて気持ちいいです。

いやー、それにしても下ネタ系のDMが多すぎですね(笑)。

5.アンチとガチでケンカしてる「口の汚さ」が逆に可愛い!

先程の下ネタ系DMの他にも、ディープウェブ・アンダーグラウンドには「アンチコメ」が届くことがあるのですが、それに対する返信の仕方がまた面白いです。

というのも、ガチでケンカしているので、ディープウェブ・アンダーグラウンドの「素」の部分が見えるんですよね。

「口の汚さ」が作り物ではなく、本物だからこそVtuberなのに「人間味」を感じてしまいます。

毒舌系女子が好きな人にとって、この「口の汚さ」は逆に胸キュンポイントではないでしょうか。

スポンサーリンク

6.ディープウェブ・アンダーグラウンドの声優はアダルトゲーム出身!?

ディープウェブ・アンダーグラウンドが度々口にしているのですが、中の人はもともと「アダルトゲーム」出身の声優なんですね。

このエピソードを聞いてからディープウェブ・アンダーグラウンドの声を聴きなおすと、なんともいえない「色気」を感じてしまいます。

低音から高音に差し掛かるときの声の感じが、実にいいですね(笑)。

7.「罵る系ボイス」がセクシーでクセになる!

ディープウェブ・アンダーグラウンドの中の人がアダルトゲーム業界の出身だからなのか、彼女のもとには「罵る系ボイス」アフレコの仕事がたまにきます。

いやー、さすが「本職」だけあって、迫力が全然違いますね。とても生き生きと罵っているように感じられます。

Vtuber界の中で、こういったドM向けコンテンツを作らせたら、ディープウェブ・アンダーグラウンドの右に出るものはいないのではないでしょうか。

8.意外な一面?ディープウェブ・アンダーグラウンドのゲームの腕前

たま~に、ディープウェブ・アンダーグラウンドはゲーム実況動画をアップするのですが……。

なんというか、ゲームが下手すぎなんです(笑)。

特に、上の動画では「ストリートファイター」をプレイしているのですが、ブランカの技コマンドを一切出せず、勝負にも負けてしまっています。

普段は強気なお嬢様でも、苦手なことってあるんですね(笑)。

9.色んな「危ない企画」にチャレンジするところを尊敬する!

元ホストで小説家の方と対談配信したときに、とある話題で盛り上がりました。その話題とは、「ドラッグ」について。

そして、この件がきっかけとなり、ディープウェブ・アンダーグラウンドも「バーチャル・ハーブ」を体験することになりました。

動画の内容は、想像以上にカオスで危ない感じでした(笑)。

しかし、このように体当たり企画にチャレンジする姿勢は、一人のクリエイターとして尊敬します。

10.「カネくさい」配信が斬新で面白い!

ファンから送られてきた任天堂「Switch」を、未使用のまま売り払った動画が話題となっています。

しかも、動画の後半では売って手に入った「現金」をちゃんとカメラに向けて映しているという、なんともカネくさい配信(笑)。

この「売却」の件に関しては、ファンからの同意のもと行われています。

しかし、この一連の流れを、まさか動画として投稿するとは、思いもしなかったのではないでしょうか(笑)。

11.Twitter動画での悪ノリがぶっ飛んでて面白い!

下の動画は、Twitter動画をまとめたものなのですが、そのどれもが「悪ノリ」すぎてヤバいです。

首が変な方向に曲がったままひたすら笑ったり、関節が変な角度に折れたまま喋ったりなど。狂気としか言えません。

もしかして、バーチャル・ハーブでやられたのでしょうか(笑)。

それにしても、これらの悪ノリ動画を「まとめ」としてYouTubeにアップするのは、なかなか度胸がいりますね。

さすが、ディープウェブ・アンダーグラウンド。

12.Twitterでの「キャラ崩壊」が面白いし可愛い!

ディープウェブ・アンダーグラウンドの普段のツイートは、わりと短めで淡々とした感じのものが多いです。

しかし、極稀にキャラ崩壊したようなツイートをする時があります。

それは、声優の石黒千尋さんからリプが来たとき!

いつもとは真逆の、女の子っぽいリアクションでリツイートしているんです。

絵文字の使い方も文脈もめちゃくちゃ……よほど嬉しかったんでしょうね(笑)。

こういった意外な一面もまた、ディープウェブ・アンダーグラウンドの可愛さを際立たせています。

13.Twitterではファンイラストでの交流がかなり盛り上がっている!

毒舌的な性格のディープウェブ・アンダーグラウンドですが、Twitterでのファンイラストに関してはかなり寛容にリツイートをしてる感がありますね。

ファンイラストのクオリティも高く、どの作品も可愛らしいです。

ディープウェブ・アンダーグラウンドは、「クリエイター」に対しては、無条件に優しいのかもしれませんね(笑)。

 

関連vtuber

神楽めあの笑い方・配信が癖になる!アンチや凍結、封印に打ち勝つ姿に感動!Vtuberってアイドルのような可愛いらしい娘が多いですが、実は最近すごく尖っている配信者を見つけました! そのVtuberの名は...

 

まとめ

ディープウェブ・アンダーグラウンドはこんなVtuber!

  • 毒舌的系Vtuber
  • 特殊な人脈がある
  • たまに論破されることがある
  • 中の人はアダルトゲーム出身の声優
  • ゲームが下手
  • Twitterではオン・オフが激しい
  • クリエイターに対しては優しい

ディープウェブ・アンダーグラウンドはその名の通り、今後もネットの「深層」からコアな情報を引き出し、ディープな発信を続けることでしょう。

特殊な経歴をもつゲストとの対談や体当たり系企画、さらにはアンチとの格闘動画など、他のVtuberがやっていない領域を攻めていくこと間違いなしです。

独自路線を突き進む彼女の活動を、引き続き調査していきます!